賃貸を契約する際に必ず加入が必要になる保険、一番多く適用されるトラブルは水周りのトラブルです。注意しましょう。

賃貸での水周りの注意点
賃貸での水周りの注意点

賃貸住宅の保険適用件数、最多は水周りのトラブルです

賃貸での水周りの注意点
賃貸物件を借りる時、皆さん誰でも必ず保険に入りますよね。保険なんて使わないに越したことはないですし、実際に使わないまま解約するケースの方が圧倒的に多いと思います。それならそもそも、保険なんて加入する必要なんてないのではないか、保険屋さんが不動産業者が得したいがために加入させられているのではないか、なんて思ってしまっている人もいるかもしれません。決して安い金額ではないですものね。でも今日は、そんな保険の必要性を、なぜ加入しなければならないかを、ちょっと考えてみようと思います。

例えば、自分の住んでいる部屋がマンションの2階だったとします。1階には別の人が住んでいますよね。自分の部屋で水漏れが起こったとします。マンションの場合、作りがコンクリートになっており、コンクリートはあまり水を吸わないため、水は内部を伝うので、2階の水漏れ個所の真下に水が落ちるとは限らないのです。つまり、仮に自分の部屋の洗濯機から水漏れをしたとしても、1階の部屋の全く違う場所に水が流れてしまうケースも少なくないのです。その個所が、ブランドの洋服をたくさん収納したクローゼットの中だったとしたら。パソコンやテレビの上だったとしたら。考えただけで恐ろしいと思いませんか?

実際に賃貸物件で、保険の適用が一番多いケースが、この水漏れなのです。勿論、保険があるから水漏れをしてもいい、と言うわけではありません。自分自身も大変ですし、相手や大家さんにも迷惑をかけてしまうことになります。水周りには細心の注意を払って、快適な生活を心がけましょう。

その他のエントリー

Copyright (C)2017賃貸での水周りの注意点.All rights reserved.