賃貸から賃貸に引っ越しをした時に経験した、水回りのトラブルです。引っ越し業者に依頼する際の注意点です。

賃貸での水周りの注意点
賃貸での水周りの注意点

賃貸に引っ越しをした時の経験

賃貸での水周りの注意点
賃貸から賃貸へ引っ越しを繰り返した時の経験談です。最近は単身の引っ越しは、個人で軽トラックを借りて友人にお手伝いを依頼して行うよりも、単身のプランを安い平日などに利用した方が安く済みます。そして、スピーディーで賃貸に傷をつける事も無く安心して出来ます。私も毎回このプランを使って引越しを繰り返しました。しかし、水回りで同じトラブルにあってしまったのです。

それは、洗濯機の部品です。まず、洗濯機を購入した際は電気屋の配送担当者が来て設置をしてくれます。その時、設置はお任せしました。そして、数年後そこから別の賃貸に引っ越しをしました。引越し業者さんに依頼をしました。引越しが終了した後、引き渡しをする時、不動産業者から洗濯機の排水溝につながる部品が無いと言われました。つまり、洗濯機の付属品だと思って、引っ越し業者が持って行ってしまったのです。手のひらに乗るほどの部品ですが、4000円ちょっとの請求が来てしまいました。その後、また別の賃貸に引っ越しをした際、今度は洗濯機の給水の部品と蛇口をつなぐ部品を、次の引っ越し先へと持って行ってしまいました。その際は、部品を取り外し、返送する事で請求はありませんでしたが郵送代がかかってしまいました。自分で管理や把握をせずに、引っ越し業者にすべてお任せしてしまった結果です。

家電の殆どがコンセントとアースのみですが、洗濯機は別です。洗濯機の水回りの端と端の部品が、自分のものなのかもともと賃貸に設置されていたものかしっかりと把握している方は少ないと思います。私のような経験をしない為にも、引っ越す前や洗濯機を購入した際には水回りの接続部分の写真を撮って、残しておく事をお勧めします。

その他のエントリー

おすすめ情報

Copyright (C)2017賃貸での水周りの注意点.All rights reserved.