賃貸住宅のトイレがつまった場合の対処法について、不動産業者に連絡する前に、自分でできる方法を紹介します。

賃貸での水周りの注意点
賃貸での水周りの注意点

賃貸住宅のトイレの排水トラブル対処法

賃貸での水周りの注意点
トイレで用を足して流した時に、トイレットペーパーを使いすぎると、詰まってしまってうまく流れないことがありますよね。そんな時には、賃貸住宅に住んでいる場合、慌てて不動産業者に連絡したくなりますが、意外と簡単に自分でつまりを解消する方法があるのです。自分でつまりを解消するには、ホームセンターなどで売っている、通称すっぽんとも呼ばれる、ラバーカップというトイレのつまりを取る道具を使うと、きれいに水が流れるようになることが多いです。ただ、使い方が間違っていると、何度チャレンジしても、つまりを取ることはできません。

ラバーカップは、カップを排水溝に押し付け、それを引いた時の吸引力でつまりを解消するものです。ですから、形がぴったりと排水溝にあっていないと効果をしっかり発揮できません。ですから、トイレ用として販売されているものを使うのをお勧めします。それから、ラバーカップがしっかり水に浸かっていないとしっかり圧がかからないので、水の量が少なかったら少し足してみましょう。

排水溝にラバーカップをあて、ゆっくり静かに押してカップをへこませます。そして、力をぐいっと入れて一気に引き抜きます。ゆっくり静かに押し付けて、ぐいっと一気に引き抜くのがコツです。こうすることで、吸引力が強くなり、つまりが取れるんですね。この作業を数回繰り返してつまりが取れたら、いきなりトイレタンクの水を流すのではなく、バケツで水を汲んで流してみて下さい。これですっきり水が流れるようなら、つまりは取れたので安心してトイレタンクの大量の水でも流すことができますよ。ただし、何度チャレンジしてもつまりがとれない時には、もっと大きなトラブルにならないように、不動産業者へ連絡しましょう。

その他のエントリー

おすすめ情報

Copyright (C)2017賃貸での水周りの注意点.All rights reserved.